フィリピンへ初めての留学に行ってきました






一歩先を行くWEBの道案内
WEB Navigation


WEBという観点から世界の経済、生活、エコ、蓄電、太陽、エネルギーなどありとあらゆる論点を考察します。

 






フィリピンへ初めての留学に行ってきました

■夏休みはホームスティシーズン 学生の夏休みともなればホームスティのシーズンです。私の周りでもこの夏、フィリピン留学をするお子さんがいます。
実は私の娘もこの夏、オーストラリアにホームスティに出かけます。ホストファミリーへの土産物やあれこれ、持たせるものを考えて居ました。
先日、保護者会へ参加した時にふと気づきました。オーストラリア=年中夏!私の勝手なイメージでした。この時期オーストラリアは冬。気温は20度~23度位だそうです。
急いで、薄手の上着を探しに走り回りましたよ。もう6月下旬ですからショーウィンドー夏物ですからね。何件か捜索中にようやく発見!
当然、売れ残り商品だから全く、娘の好みという訳にはいきませんけどね。いやー。早く言ってよ!そんな心境でしたね。
後は、ホストファミリーの家族構成の発表を早く知りたい所なんですけど、相手方も家庭の事情で急に都合が悪くなったりする事もあり
かなり直前になっての発表らしいです。今は娘と「風鈴?」「あー、先輩も持って行ったらしい。」「じゃあ、箸?」「あー、ありそう」「じゃあ、扇子もあるよね?」「あるでしょ!」
日々こんな会話が飛び交っていますよ。家族構成さえ早く分かればある程度絞れるんですけどね。

■学科によっての就職率 私は3人の子供を持つ母です。1人目はもう成人して独立しました。何せ初めての子だったので進路なんかもめましたね。
もちろん、子どもの人生ですから子どもの意見を中心に…ですが、我が家だけなんでしょうか?目標なり、夢なりがなく本当に苦戦しましたね。
目標も夢も持たずに進学してもこの就職難では戦い抜けません。また要領も悪いのか、一社の内定のみで安心してしまいました。
深くは聞きませんでしたが、内定取り消し。何度も面接を繰り返した内、国内ではなく海外支社の話が出た様で
英検についても聞かれたようでした。中学時代に親がどんなに勧めても「面倒くさい」「落ちるからお金の無駄遣い」
こんな言葉で返してきましたが言わずと本人が一番痛切に思った事だと思います。内定取り消しが10月だったので、就活どころではありません。
卒業試験に向けて取り組まなければいけない時期です。下に控えている子供たちも居ます。
残念ながら在学中に就職が決まる事はありませんでしたがその後、やりたい事が見つかり、希望の会社に就職できました。
進路指導の先生に伺った所、学部によって就職が限られてしまう、という事をこの時初めて知りました。
ビザ申請

特に、語学は就職するのにも引く手数多だそうですね。お友達のお子さんが今度、フィリピン留学に行く様なんですけど
我が家でも筆記ばかりではなく、ヒアリングの強化対策に留学を検討中です。





コンテンツ一覧

 Index
 BIO Techinology
 Egypt
 Exhibition
 Registration
 Scientific Committee
 Postinfo
 page01
 page02
 page03
 page04
 page05
 page06
 page07
 page08
 page09
 page10
 page11
 page12
 page13
 page14
 page15
 page16
 page17
 page18
 page19
 page20
 page21
 page22
 page23
 page24
 page25